【激しくオススメ】アジア周遊SIM「AIS SIM2Fly」を使ってみた

【激しくオススメ】アジア周遊SIM「AIS SIM2Fly」を使ってみた

マレーシア(コタキナバル)・タイ(バンコク)・ブルネイに旅行にいった時に利用しました。(2019年8月)

滞在国数も多く、国ごとにSIMを購入するのは手間なので、レンタルWi-Fiの利用も考えましたが、アジア圏を中心に21カ国共通で使える便利なSIMを発見!
その名は「AIS SIM2Fly」!

激しくオススメな、プリペイドSIMの通信速度など利用レポートをまとめてみました。

※海外でプリペイドSIMを使うためには、SIMロック解除してあること(SIMフリー状態)が必須条件です。
日本国内でも最近はフリーのスマホが多く発売されており、既にロックが解除されている場合もあります。
必ず、出国前に確認をしてください。

Advertisement

AIS SIM2Fly SIM とは

タイのAIS社がアジア各国へ旅行するタイ人向けに売っているSIMです。
通話SIMではなく、データ通信専用のSIMです。

対応21ヵ国 あいうえお順

  1. インド India
  2. インドネシア Indonesia
  3. オーストラリア Australia
  4. カタール Qatar
  5. 韓国 South Korea
  6. カンボジア Cambodia
  7. シンガポール Singapore
  8. スリランカ Sri Lanka
  9. タイ Thailand
  10. 台湾 Taiwan
  11. 中国(チベットを含む) China (including Tibet)
  12. 日本 Japan
  13. ネパール Nepal
  14. フィリピン Philippines
  15. ブルネイ Brunei
  16. ベトナム Vietnam
  17. 香港 Hong Kong
  18. マカオ Macau
  19. マレーシア Malaysia
  20. ミャンマー Myanmar
  21. ラオス Laos

選んだ理由

今回の旅行ではマレーシア・タイ・ブルネイの3ヵ国を訪れました。
各国数日の滞在で、国ごとにSIMを買い替えるのは、手間も時間も無駄も多く、
そして、ブルネイ王国の情報がまだ少なく、どこでプリペイドSIMが購入できるのかも不確定でした。

しかし、調べると周遊SIMがすべて滞在地をカバーしており、
かつ、日本で事前に入手して置けるということで購入しました。
Amazonの口コミも参考にさせていただき、問題はないだろうと判断しました。

これが、大正解!

注文から1週間以内には手元に届きました。
設定は同封されている手順通りに行えばすぐに接続され、
どこでも問題のない速度で通信できました。
1日当たり平均通信量は約100~300MB程度とされているので、
8日間で4Gは動画視聴などをしない限りは使い切ることはないかと思います。

周遊じゃない方でも、対象国へ行かれる場合は購入を検討されることをオススメします!

マレーシア(コタキナバル)での使い心地

SIM LTE
[参考]ホテルのWi-Fi
 

スマホでストレスなく通信でいるといわれている5Mbpsをクリアし、問題なく使えました。
また、ホテルのWi-Fiが遅かったので、部屋でもSIMでの通信を使っていました。

ブルネイでの使い心地

SIM LTE
[参考]ホテルのWi-Fi
 

スマホでストレスなく通信でいるといわれている5Mbpsをクリアし、問題なく使えました。
また、ホテルのWi-Fiが遅かったので、部屋でもSIMでの通信を使っていました。

タイ(バンコク)での使い心地

SIM LTE
[参考]ホテルのWi-Fi
 

スマホでストレスなく通信でいるといわれている5Mbpsをクリアし、問題なく使えました。
ホテルのWi-Fiが早く、部屋ではWi-Fiを使っていました。

期限が切れても捨てないで!

こちらのSIMは、初期導入されているパッケージ期間が終了しても、
追加でパッケージ(通信プラン)を新たに購入することができるそうです。

そのためには、初期パッケージの間にトップアップが必要であったり、
アプリからのパッケージ購入が必要であったりと、
ある程度の制約があるそう。

気になる方は調べてみてください。

まとめ

現地で言葉の不自由さを感じながらSIMを購入することなく、
安定した通信環境を整えることができました。
この周遊SIM、本当におすすめです。
ぜひ、使ってみてください!