KLOOK ピークトラム優先搭乗ツアー 利用レポート

KLOOK ピークトラム優先搭乗ツアー 利用レポート

香港と言ったら、夜景ははずせない観光スポット。
そして、人気の場所と言えば「ビクトリア・ピーク(Victoria Peak)」。
アクセス方法はいくつかありますが、ピークトラムは夕方ともなると1時間~2時間待ちと非常に混雑します。

混雑の回避方法として、現地ツアー会社KLOOKが催行している「ピークトラム優先搭乗ツアー」がオススメされていたので、利用してみました。
そのダイジェストとなる、ツアーの集合から乗車までの利用レポートをまとめてみました。

Advertisement

ビクトリアピークの混雑状況

中国本土からの観光客の増えているせいか、本当に本当に混んでいました!
夜景がきれいになる日没直後の時間帯の行ったため、一日の一番のピークタイムかと思います。
優先搭乗をしても1時間ほど待ちました。。
ツアーを申し込んで本当に良かったです!

「KLOOK ピークトラム優先搭乗ツアー」の予約方法

とてもわかりやすくまとめてくださっている方がおり、そちらを参考に予約をしました。
クレジット決済でペーパーレス。(私は心配で印刷してものも持参しましたが(笑))
難しいことは何もなく、予約できているのか不安になるほどスムーズに予約が完了しました。

こちらを参考にさせていただきました。
ユアトリップ ピークトラムの乗り方、混雑回避方法

利用レポート

状況

とある日曜日 17:00~のツアーに参加しました。
(この日の日没は18:00頃)

特に混むと言われている、日曜日にビクトリアピークへ行きました。

集合

ツアー会社の人
移動するまで列になり待ちます

 

ツアー参加時間の15分前に中環駅(セントラル)のK出口に集合します。
旗をもっている私服のツアー会社の方がいるので、その人に予約画面を見せます。
英語・韓国語・中国語で対応可能とのことでした。

受付をすると、ピークトラムの往復チケットとツアー客である証となるステッカー(超重要!)をもらいます。
このステッカーが優先搭乗に必要不可欠となるので、なくさないで見えるところにつけてね!と、言われました。
移動するまでは、整列してしばし待ちます。

出発

英語説明をしてくれたお兄さん
言語で分かれて説明を聞く

 

移動する前に、英語・韓国語・中国語に分かれて、ツアーの説明があります。

・Klookのシールを見えるところに張ること(優先搭乗に必要)
・チケットにはスカイテラス428の入場チケットも含まれていること
・帰りのピークトラムのチケットにもなるのでなくさないこと
が説明されました。

そして、ぞろぞろと移動。10分ほど歩きピークトラムの乗り場へ行きます。

並ぶ

ツアー専用の列
出前がツアー列、はるか奥の高架下に一般列

 

ピークトラムの乗り場に着くと、ツアー客の優先搭乗列とそれ以外の一般列に分かれて並びます。
入口に係の人がいて、ツアーステッカーを厳しくチェックしていました。

優先搭乗列はどんどん先に通してもらえますが、トラムの運行本数に限界があるため進みはにぶいです。

乗車

改札を抜けても先は長い
やっと乗るトラム到着!

 

改札のところで、ツアー会社の方とはお別れになります。
あとは自由行動です。自分のペースで観光し、自分達で好きな時間に下山してきます。

改札を抜けても人でごった返していて、乗り込むまでに時間がかかります。
じわじわとすすみ、やっと乗ることができました!

この日は優先でも並びはじめてから乗車まで1時間待ちました。
優先搭乗ではなかったら、ゆうに2時間は待つことになりそうです。。

20時ごろはツアーでなくてもよさそう(私調べ)

私が上から降りてきたのが、20時ごろ。
その時は優先搭乗列に人はなく、一般列に少し人が並んでいる程度でした。
この時間であれば、一般列でも30分もしないでトラムに乗車できそうでした。
(この日はたまたまかもしれませんが。。)

観光客のほとんどが日没直後にビクトリアピークへ行き、
その後、夕食に行くタイムスケジュールの人が多そうでした。(私も含めて。)
なので、オススメは夕食後にビクトリアピークへ行く方がよさそうです!

まとめ

私が行った日は、優先搭乗しても1時間待ちという状況だったので、
ツアーに参加して本当に正解でした!

しかし、時間を選べばツアーに参加しなくともスムーズにピークトラムを利用できそうです。

ツアー自体はとてもオススメなので、訪れる時間に合わせて申し込みを考えてみて下さい。