上海蟹がおいしすぎ!『留園雅敘 Liu Yuan Pavilion』

上海蟹がおいしすぎ!『留園雅敘 Liu Yuan Pavilion』

香港旅行で楽しみにしていたのが、留園雅敘で上海蟹を食べること!

香港フリーカーである、ひとりっぷ®さんもオススメしていました。

少し値段は張りますが、日本で食べるよりは断然安く、
なによりも、おいしすぎてずっと悶絶をしていました(笑)

訪問レポートをまとめました。

Advertisement

お店


本格的な上海料理を楽しめる高級レストラン。
店内はモダンで洗練された内装で、とても清潔感があります。
地元の方でとても混雑していて、常に満席。
予約をしてから訪れることをオススメします。

アクセス

湾仔にあります。
スポーツバーなどが近くにいくつかあり、ざわざわしていましたが、ビルに入ると落ち着いた雰囲気でした。
お店はビルの3階です。

中国香港駱克道54-62號博彙大廈3樓
(The Broadway 3F, 54-62, Lockhart Rd, Wan Chai, 香港)

注文したもの

上海カニを食べると意気込んできたので、カニづくしな注文となってしまいました。

・カニの身入り饅頭
カニの身がぎっしり入った饅頭です。
薄めの皮はあんの汁をよく吸っていて、うま味がひろがります。

・豆苗炒め蟹味噌あんかけ
炒めた豆苗の上に、こちらもふんだんにカニの身が入ったあんかけがたっぷりかかっています。
味付けは薄味で、カニのうま味が存分に味わえます。
豆苗もさっぱりした味わいで、ぺろっと食べてしまいました。

・蟹味噌麺
シメは麺料理。
身とカニ味噌が入ったあんかけ?を汁なしの麺と絡めていただきます。
麺にあんがしっかりからみ、相性抜群でした。
お店側で人数分に取り分けてくれるので、とても食べやすかったです。

値段

これらの他に、お酒を飲み、
二人で『1,019HKD』、この日のレートで14,344円でした。

まとめ

もうどれもおいしすぎて、悶絶の連続でした。
胃に限界がないのなら永遠に食べていたい。。

上海蟹のベストシーズンはもちろん、そうでなくてもおいしい上海蟹がとてもおいしく食べられるので、是非とも訪れてほしいレストランのひとつです。