ウズベキスタンの国内線(ウズベキスタン航空) ウルゲンチ空港

ウズベキスタンの国内線(ウズベキスタン航空) ウルゲンチ空港

ウズベキスタンを旅行中、ウズベキスタン航空の国内線を利用しました。
利用区間は「ウルゲンチ↔タシュケント」。

ウルゲンチ空港(国内線)についてまとめてみました。

Advertisement

国内線 就航都市

ウズベキスタン国内線は主にタシケントを起点として、ブハラ、サマルカンド、ウルゲンチ等へ飛んでいます。

就航都市が限られており、また、タシュケントへ戻らなければならないため、
国内線のみで滞在予定都市を移動するのには向いていませんが、
長距離移動となる区間では利用をおすすめします!

予約

「ウルゲンチ(ヒヴァ)↔タシュケント」間で利用しました。
ヒヴァには空港や駅はなく、隣町のウルゲンチの空港や駅を利用する必要があります。
列車であれば一日がかりで移動する距離を、国内線では1時間半ほどでサクッと移動できました。

予約はエクスペディア経由で予約を行いました。
クレジット決済で、問題なく予約ができました。

【予約したサイト】
エクスペディア (Expedia)

リコンファーム

エクスペディアから送付されたeチケットを確認すると、
「リコンファームの必要なし」と記載されていましたが、
ちょっと不安であったため、出発1週間前・利用の2週間前に、
ウズベキスタン航空のお問い合わせフォームからリコンファームを行いました。
しかし、返信は来ることはありませんでした。。

電話でもリコンファームが行えるようですが、電話はかけませんでした。
それでも、問題なく席は確保されており、無事に乗機することができました!

気になる方は電話でのリコンファームをおすすめします。

ウルゲンチ空港(出発)

ネットで運行状況が確認できないため、
余裕をもって、2時間前にはウルゲンチ空港へいきました。

駅・空港と同じく、入口にゲートがあり、一人ひとり身分証明書チェックがあります。
航空券をもっていない人、身分証を持っていない人は入口より先に入ることができません。

空港内はがらんとしていて、
カウンターも混雑はありませんでした。
2時間前でのチェックイン可能でした。

手荷物検査をぬけると、すぐに待合室でした。
売店がひとつあり、あとは椅子が並べられているだけという質素なつくりでした。

乗機・フライト

もちろん、乗機は歩いて。
建物から飛行機までも、歩いて。
結構な距離歩かされました。

機体は、ボロボロという印象はなく、ごく普通の飛行機でした。
ブランケットはありませんでした。あるか、CAさんに聞いていません。
自前のブランケットを持ち込んでいましたが、機内が暑く使用しませんでした。

出発前にソフトドリンクが配られ、離陸前にコップが回収されます。
飛行中のサーブはありませんでした。

ウルゲンチ空港(到着)

降機すると、歩いてターミナル建物へ移動しました。
ターミナルと言っても、荷物レーンとトイレのみのとっても簡素な作りでした。
荷物がでてくるまで、あまり時間がかかりませんでした。
私は飛行機を降りてから預け荷物を受け取るまでは、30分ほどでした。

まとめ

ウズベキスタン航空のフライトは、
リコンファームしなくて本当に大丈夫か?
機体はボロボロじゃないか?
大幅な遅れやキャンセルが頻繁にあるのでは?
と、不安でしたが、全く問題ありませんでした。

長距離を移動するには、国内線を有効に使うことをおすすめします。