【空港・駅⇄中心地のタクシー移動】ウズベキスタン 主要観光都市

【空港・駅⇄中心地のタクシー移動】ウズベキスタン 主要観光都市

空港や駅から町の中心(市街地)へ、もしくはその逆についてはタクシーを利用しました。
バスなどを利用し、中心地へ安く行く方法はもちろんありますが、限られた滞在期間ということで少しでも観光に時間を割くため、空港や駅からはタクシーを利用しました。

主要観光地でのタクシー移動について、値段や所要時間をまとめてみました。
滞在都市:タシュケント、ブハラ、ヒヴァ(ウルゲンチ)、サマルカンド
(2018年9月時点の情報です。)

Advertisement

値段交渉のポイント(各都市共通)

駐車場のはしっこにいるタクシー運転手と交渉すること

私が実際に行った、タクシーの値段交渉方法について。
空港・駅どちらも敷地内への立ち入りが厳しく、飛行機や列車の利用客以外は見送りの人ですら立ち入れません。そのため、タクシー運転手は敷地外のところで大量にたむろしています。

出口ゲート近くには英語が喋れ、強引な客引きをし、値段設定は相当高めな人々。
その波が少し過ぎると、ネームプレートを持つお迎えの人々。
この先が駐車場です。
しつこい人はここまでついてきて「どこ行くんだ?安く行くよ」とずーっと話しかけてきます。

その人達は無視し、駐車場のさらに端っこ、道に近いことろまで行きます。
地元の人も、大抵ここらへんでタクシーを捕まえていました。
そこで、話しかけてくる人に、値段をきいて交渉してみてください。相手が英語が話せなくても、携帯に値段を入力して交渉しました。

メーターでなく交渉制の場合は、ご自身がどれくらいの値段で支払いできるか。につきます。
値段が高くても、英語で意思疎通ができる、早く移動したい場合はゲート付近の人へ。
少し安く中心地へ行きたい人は、駐車場のはしっこでダラダラしているタクシー運転手へ。

タシケント(タシュケント)

移動経路:タシュケント国際空港(国際線ターミナル) → ホテル

値段:4ドル
所要時間:10分程度

ホテルからのメールに「空港からローカルプライスだと2ドルくらい。」と書かれていたので2ドルで交渉をしましたが、旅行者だからか、その値段で行ってくれる人は誰もいませんでした。
初日のミッションは底値で移動することよりも、確実にホテルに到着し疲れた体を癒すことであるので、同じホテルに滞在する方たちとタクシーをシェアして、1人1ドル、4人で4ドルと提案してくれたおじさんにお願いしました。

移動経路:ホテル → タシュケント駅

値段:5ドル (高いの承知しています!)
所要時間:10分程度

早朝の電車であったため、ホテルでタクシーを呼んでもらいました。
レセプションで料金をきくと「メーターだからわからない。駅についた時に提示された金額を払って」とのことで、乗車。
駅についてみたら、メーター回していない、10ドルだとふっかけてくる。朝一と行動初日で完全に気持ちがゆるんでいました。
それでも半額に値切り、迎車・早朝料金ということで泣く泣く5ドル払いました。

移動経路:タシュケント国際空港(国内線ターミナル) → ホテル

値段:25,000スム(3ドル強)
所要時間:20分程度

2ドルでは誰もつかまえたられなかった教訓を生かし、20,000スム(2.5ドル)で交渉を開始するも、全員NO。
その中の一人の運ちゃんが「ここは国内線ターミナルだから国際線ターミナルよりも遠く、倍ぐらいかかるんだよ。」と教えてくれました。
40,000スムから譲らない人多数の中、25,000スムなら行ってやるという人が現れ、そのおじさんに決定。
おそらく、観光客相手ではこれが底値と思われます。

移動経路:ホテル → タシュケント国際空港(国際線ターミナル)

値段:22,500スム(2.8ドル)
所要時間:10分程度

ホテルでタクシーを呼んでもらいましたが、期待を込めずレセプションで料金をきくと、やはり「メーターだからわからない。」とのこと。
今回は「メーター、オーケー?」を連呼して乗車。
すると、日本のタクシーのメーターと同じ位置にスマホが設置されており、それがメーター代わりをしているタクシーでした。
走行距離によってメーターが上がっていく、明確さ。もちろん、請求も表示されている金額。
帰国前に、一番安心感のあるタクシー乗車となりました。

※ホテル:空港とタシュケント駅の真ん中くらいに位置し、中心地とは言い難い場所であるのでご参考までに。

ブハラ

移動経路:ブハラ駅 → 中心地 → ブハラ駅
値段:25,000スム(3.12ドル)
所要時間:15分程度

行きは駅にて自分たちで、帰りは流しのタクシーを捕まえ、同じ値段でした。

ヒヴァ

移動経路:ウルゲンチ駅 → 中心地 → ウルゲンチ空港
値段:60,000スム(7.5ドル)
所要時間:40分程度

行きは駅にて自分たちで、帰りはホテルでタクシーを呼んでもらいましたが、同じ値段でした。
ヒヴァの町から空港は、駅よりも遠かったですが、同じ値段でした。

ヒヴァには空港や駅がなく、隣町のウルゲンチに到着します。そこから移動してくるため、他の町よりも移動時間がかかります。

サマルカンド

移動経路:サマルカンド駅 → 中心地 → サマルカンド駅
値段:―
所要時間:10分程度

滞在するホテルにて無料送迎をしてくれるとのことで、タクシーは利用していません。
迎えに来てくれたのは、ピカピカのベンツ!
走っている車がほとんど使い込まれたシボレー・ウズベキスタンのものである中、とっても目立ちました。
そんな豪華な迎車はホテル所有ではなく、メーター制のハイヤーでした。それでも22,500スム(3ドル弱)!
レセプションの兄ちゃんがさらりと支払いを済ませてくれました。
駅でつかまえた流しのタクシーであれば、それ以下で行ってもらえるのでは。(利用していないので、確定的なことは言えませんが。。。)