ウズベキスタンの両替(お金)事情(2019年追記)

ウズベキスタンの両替(お金)事情(2019年追記)

調べても意外に情報がでてこなかった、両替・お金のこと。

ATMは存在するがほぼ機能しておらず、まだまだ現金主義なウズベキスタン。
闇両替はすでになく、必ず銀行や両替所で行う必要があります。
町中で全然見つからない両替所はどこにあるのか?

ウズベキスタンの両替事情と、主要観光地での両替所をまとめてみました。
(2019年追記あり)

Advertisement

闇両替は存在しない!

これまでは2つのレートが存在していましたが、2017年、公定レートが闇レートにそう形となりました。
国内で統一レートを使用しているため、ウズベキスタンではどこで両替をしてもレートはかわりません。

そのため、闇両替で両替を行う必要がなくなり、闇両替自体がいません。
町中で「チェンジマネー?」と話しかけてくる闇両替にはほとんど会いませんでした。
(唯一、タシュケントのチョルスー・バザールにて数回声をかけられただけです。)
もともと闇両替が非合法であり、公定レートが変更となってからはかなり厳しく闇両替を取り締まっているようです。

両替可能なお札

どこの両替所も日本円でのレートが掲載されいましたが、
日本で調べていた時に「日本円での両替を断られた。」、
「レートがドルに比べてとても悪かった」との記載を見つけたので、
2018年の時は現金はすべてUSドルで持っていきました。
そのため、日本円では両替を試していません。

2019年にはタシケント空港やタシケント駅では、日本円からスムに問題なく両替できました。
日本人の観光客が増えはじめ、日本円対応している両替所が増えている印象です。
(しかし、ホテルの支払いなど、ドルも一定量必要です。)

他国では両替は100ドルや50ドルの高額紙幣でなければ応じてくれないところもありますが、
ウズベキスタンでは10ドル札でも快く両替してくれました。
そのため、お金の減り方を見て両替できるよう、100、50、20、10をバランスよく持っていくのがよいと思います。

ウズベキスタンのお金の基本情報についてはこちら

・2019年7月1日から小額紙幣が使用不可となりました。
小額紙幣について詳しくはこちら

両替はどこでする?

他国には多く見る「両替商《exchange》」と出しているところはなく、もちろん両替商が密集しているところもありません。
また、ATM自体にお金が入っていないため、現地通貨をATMキャッシングで得ることはまだまだ難しいと思います。
銀行か高級ホテルに併設されている両替所を利用する必要があります。
それがどこにあるのか、以下で都市ごとにまとめています。

両替に必要なもの

・パスポート

なのですが、提示を求められることろと、不要なところが半々でした。
しかし、ウズベキスタン国内は外国人はパスポートを常に携帯していなければならないので、
困ることは全くありませんでした。

タシュケント(タシケント)

平日は銀行で

さすが首都。銀行がたくさんあります。
おそらく平日であれば、そんなに苦労せずに両替できそうでした。

↓ホテル近くの平日に両替可能な銀行

ATMキャッシング

さすが首都。ATMキャッシングできるところがありました。
AMTの機械はいたるところにありますが、お金が入っておらず役立たずのものばかり。
私がウズベキスタン国内でキャッシングができるのを見たのはここだけでした。

タシュケントの4つ星☆ホテル「Grand Mir Hotel」。
1階のレセプション横にATMがあります。
ホテル内に両替所はありませんでした。

土日も両替可能な両替所 ←重要!

しかし!我々がお金に困ったのが、日曜日。
私が泊まっていたホテルのレセプションで両替できるところを聞くと、上↑の銀行を案内される。
日曜で閉まってますから!
他にはわからないとポンコツ発言なので、自力で探しました。。。。

Grand Mir Hotelからほど近いところにある「Ipoteka Bank」という銀行。
銀行と両替のカウンターがあり、どちらも人がいて開いていました。
土日の両替はぜひこちらの銀行へ!

外観
2018年9月16日のレート

サマルカンド

主要観光地として栄えており、町に銀行はパラパラあるのですが、どこも両替をしてくれませんでした。

おそらくサマルカンド中心地で唯一の両替所かと思われます。
サマルカンドの4つ星ホテル”Registan Plaza”にある両替所。

ホテルの入口は入らず、その横に両替所があります。
高級ホテル併設ということもあって、外国人慣れをしていて、とってもフレンドリーでした。

ホテル入口向かって右側
外観

ブハラ

アルク城裏にある、銀行で行えました。
銀行スペースと両替スペースが分かれており、銀行スペースは地元の人でにぎわっていました。
両替スペースは入口入って右側です。

写真を撮り忘れてしまいました。。。

ヒヴァ

ホテルの外観

↓”Hotel Asia Khiva”の内にある両替所は2019年の10月ごろに閉鎖となってしまったそうです。
(ウズベクを旅した者 様、情報提供ありがとうございます。)

ヒヴァの3つ星ホテル”Hotel Asia Khiva”の内にある両替所。
レセプションの右横にひっそりと両替所があります。
(2019年閉鎖)

また、”Hotel Asia Khiva”のカウンター横のATMで日本のmasterカードでキャッシングできた。
との情報をいただきました。(てい様、情報提供ありがとうございます。2019年12月1日時点)
マスターをお持ちの方は試してみる価値ありです。

ヒヴァでの両替所はいくつかありますが、閉まっていることも多いようで、
両替が必要となった時に、ツーリストオフィスで空いている場所を聞くか、
宿泊しているホテルにて対応してもらう必要があります。

タシュケント国際空港(タシケント空港)