ウズベキスタン 各都市の滞在必要日数

ウズベキスタン 各都市の滞在必要日数

ウズベキスタン旅行のルートをつくるのに、
データが少なく困ったのが、観光に必要な日数。

実際に旅行をしてみた結果を、実際に行った観光地とともにまとめてみました。
(都市間の移動時間は含みません。)

滞在都市:タシケント、ブハラ、サマルカンド、ヒヴァ

私の旅ルートはこちら ←で、私の旅行日程を詳しく掲載しています。

Advertisement

はじめに、私は観光するのが遅い

なぜ個人旅行をするのか?と聞かれて、一番の理由として答えるのが、
「私は観光地を見て回るスピードが遅い」ということ。
最大の要因はすぐに座りたくなって、ぼーっとしていることなのはわかっています。

みるのが遅い私のペースを基本としています。

タシケント(タシュケント)


滞在時間:1日 (約24時間)
→ 十分でした。
  現金が足りなくなって、両替所を探すのにかなり時間を取られましたが、
  それでも、主要観光地はかなり余裕をもって回れました。
  途中でカフェでビール飲みながらダラダラもできちゃいました。

【行ったところ】
・クカルダシュ・メドレセ
・チョルスー・バザール
・バラク・ハン・メドレセ
・ハズラティ・イマーム・モスク
・カファリ・シャーシ廟
・ナヴォイ・オペラ・バレエ劇場 [外観のみ]
・スーパーマーケットでお土産を大量購入

ブハラ


滞在時間:1日ちょっと (約26時間)
→ 十分でした。
  途中、何回もラビハウズ沿いのカフェでダラダラしたり、SIMを購入したりしましたが、
  中心地にある観光地はゆったりと回ることができました。
  周辺のメドレセやモスクも回るのであれば、あと半日~1日はあった方がいいかなと。

【行ったところ】
・ラビハウズ
・ナディール・ディヴァンベギ・メドレセ
・チョル・ミナル
・マゴキ・アッタリ・モスク [外観のみ]
・タキ
・ウルグベク・メドレセ
・アブドゥールアジス・ハン・メドレセ
・カラーン・モスク
・カラーン・ミナレット
・ミル・アラブ・メドレセ
・アルク城

サマルカンド


滞在時間:2日ちょっと (約51時間)
→ ちょっと長かったかな。。。
  最悪、1日でも主要観光地は回れました。かなり駆け足にはなりそうですが。
  理想は、1日半ぐらい。そうすると、中だるみなくゆったりペースで観光できそうです。
  初日は朝から夜まで、観光しっぱなしでした。
  2日目の途中からは、やることがなくなり
  ショブ・バザールでダラダラ時間をつぶしていたほど。
  しかし、旅の中盤に疲れを癒し、すご~くダラダラできたのでよかったです。

【行ったところ】
・アミール・ティムール廟
・ルハバット廟 [外観のみ]
・レギスタン広場
 ①ウルグベク・メドレセ
 ②シェルドル・メドレセ
 ③ティラカリ・メドレセ
・ビビハニム・モスク
・ショブ・バザール
・シャーヒズィンダ廟群
・アフラシャブの丘 [外観のみ]
・サマルカンド・ワイン工場

ヒヴァ


滞在時間:1日 (約24時間)
→ 足りなかった!
  普通なら1日でゆったり観光できます。  
  しかし、私は旅終盤の夜行列車移動により、疲れがたまってしまって、
  到着した日は何もできず、たっぷりと昼寝をしてしまいました。
  そのため、下↓の行ったところはほぼ半日でまわりました。
  こじんまりとしたメドレセなので、全部すぐに見終わりますが、
  かなりの数が密集して建っているので、すごく駆け足でした。
  バタバタとしていて、城壁の上へ行くのを忘れました。。。

【行ったところ】
・共通入場券で入場可能な16施設
・オタ・ダルヴァザ(西門)
・カルタ・ミノル [外観のみ]
・ムハンマド・アミン・ハン・メドレセ [外観のみ]
・パフラヴァン・マフムド廟
・イスラーム・ホジャ・メドレセとミナレット
・タシュ・ダルヴァザ(南門)
・アラクリン・ハン・メドレセ
・パルヴァン・ダルヴァザ(東門)

まとめ

滞在必要な日数は、観光するのが遅い私でこのようになりました。

移動手段の関係で、それができなかったのですが、
サマルカンドの半日をヒヴァにつけられたら、かなり理想的な工程だったのかな。
と思います。

ヒヴァからカラへ行ったり、地獄の門ツアーへ参加したりする場合は、
さらに日程をのばすか、どこかの滞在都市を減らす必要があるかと感じました。

ルート作成に参考になれば、幸いです。