【超便利!】ウズベキスタン版Uber ヤンデックスタクシー(Yandex.Taxi)

【超便利!】ウズベキスタン版Uber ヤンデックスタクシー(Yandex.Taxi)

ウズベキスタンでの移動で本当に困ったのが、タクシーの行き先の説明と値段交渉。
英語は全く通じません!
そして、2019年8月にはタシュケントで白タクに乗った邦人女性が強盗にあったとの報道がありました。

ウズベキスタンに、ヤンデックスタクシー(Yandex.Taxi)という配車アプリが安全でとっても便利でした!
本当におすすめです!

ヤンデックスタクシー(Yandex.Taxi)についてまとめてみました。

Advertisement

ヤンデックスタクシー(Yandex.Taxi)とは

ロシアのインターネット企業最大手「ヤンデックス」(Yandex)が運営するヤンデックスタクシー。
ヤンデックスはロシアを中心に様々な事業を行っており、その一つがヤンデックスタクシーとしてタクシーの配車を行っています。
順次海外展開をしており、ウズベキスタンでも使えるようになっています。

使用可能都市

タシュケントのみ (2019年8月時点)

残念ながら、まだ首都のタシュケントのみでしか使えませんでした。
サマルカンドは観光地が点在しているので、使えるようになるととても便利なんですけどね。
しかし、使えるようになるのも時間の問題かも?

ダウンロード・登録方法

あらかじめ日本でダウンロード・登録をしておくことをオススメします。

登録は日本の番号でも行うことができます。
登録には「電話番号」が必要です。
SMS認証で、送られてきた番号の入力が必要です。
入力が完了すると利用可能となります。

支払いは画面に表示された金額を、現金でドライバーに支払うので、クレジットカードは入力しませんでした。

注意点

注意点①
アプリを利用するには、スマホがネット環境に接続されている必要があります。

【ネット環境への接続方法】
・日本のスマホの海外ローミングを利用する。
・ウズベキスタン国内対応のレンタルWi-Fiを持っていく
・ウズベキスタンでプリペイドSIMを購入する  等

注意点②
トランクが小さい車(軽タイプ)が配車される可能性があるので、複数のスーツケースがある時は注意が必要です。

大荷物の時は、少し高めの車を配車するのがいいのかもしれません。

使い方

UberやGrabと、使い方は全く同じです。

①アプリ立ち上げ

アプリを立ち上げます。

②現在地と行先を入力

乗りたい場所にピンをセットします。
次に、行き先を入力します。マップから選択することも可能です。
「Done」をタップすると近くにいる車両の検索を始めます。配車可能な車がマップの下に表示されます。
車の種類によって若干お金が違います。
お好きな車を選んで「Order」をタップします。

③配車中の車のデータ

そうすると、配車された車のナンバーや到着予定時間が表示されます。

ドライバーと合流したら、到着を待つだけ。
ドライバーさんも、ヤンデックスタクシーのアプリによるカーナビを使っているのでかなり安心感ありました。
支払い方法は、「Cash」しかありませんでした。
表示された金額をドライバーに現金で支払えばいいだけ。

利用明細(メール)

利用が終わるとメールで経路と明細が送られてきます。
とってもシンプルでわかりやすいです。

まとめ

トラブルが多いタクシー移動。
ヤンデックスタクシーを賢く利用することで、快適にタシュケントを観光することができます。
ぜひ、利用してください。